8e9479ac2cd0efb69bc7a48c1d32fb5c?1591405148
Loonaの呟き 〜オーストラリアの片田舎から〜

早寝早起きのススメ

2017/04/16 05:15 くらし 健康

日本からゴールドコーストにホームステイしに来た学生さん達がまず驚くことは、地元人の就寝時間の早さです。こちらの子供達は、小学生だと大抵は夜の7:30〜8:00位に就寝してしまいます。うちの息子はもうすぐ9歳になりますが、就寝時間は少し遅めの8:30〜9:00で、いつもニュージーランド出身のダンナ君に「遅すぎる」と小言を言われます(笑)。大人も大抵10:00くらいに寝床に就きます。日本では、人気のドラマが9時から始まったりしますが、こっちのゴールデンタイムは7時くらいですね。9時からだと、ドラマが終わる頃にはウトウトしてしまうでしょう…。その代わり、ゴールディ(ゴールドコーストの人たちのことをゴールディと言ったりします)は早起きも多いですよ。気候が温暖な地域なので、早起きは比較的苦になりません。早朝ジムに行ったり、ビーチでサーフィンを楽しんでから仕事に出かけるゴールディも多いです。日照時間帯をうまく利用して、目にも優しいライフスタイル♪

今年で、ゴールドコーストに来て14年になりますが、今ではすっかり早寝早起きの習慣がつきました。日本にいたときも、こちらに来て日本の会社で働いていたときも、真夜中の12時より前に就寝することはほとんどありませんでした。でも、こちらの生活に馴染んでいくにつれ、疲れて眠いときは寝るという当たり前のことを何故しなかったんだろうと思うようになりました。もちろん、以前は仕事が忙しくて夜遅くなってしまう、などの理由もあったのですが、「本当にそれを夜遅いこの時間にやる必要があったの?」「早く寝るために前倒しにできることはなかったの?」と問いただすと、実は結構必要ないのに遅くまで起きていたときも多くあったんじゃないかと思います。

こちらの子供は、アジア人家庭の子供に比べて、家庭学習の時間も一般的に短いので、その分早く就寝できるのかもしれません。ゴールディ達は、日本のサラリーマンのようにサービス残業もしないので、やっぱりその分早く就寝できるのかもしれません。でも、遅くまで端末でソーシャルメディアにアクセスし、メッセージの交換に時間を費やしている方々も多いのでは?そのメッセージ、本当に今送る必要がありますか?電子機器の画面を見つめて作業してから眠りにつくと、睡眠の初めの30分が失われるのと同じだそうです。これは睡眠のクオリティの点でです。

本当に忙しい方もたくさんいらっしゃるでしょうから、なかなか生活のサイクルを変えるのは難しいと思いますが、疲れたらできるだけ早めに寝て欲しいです。身体が休息を求めているしるしです。また、良い睡眠はエネルギー回復だけでなく、ストレスリリーフ、肌の調子、ダイエットにも有効です。

Hinodeは、なるべく就寝前は、画面を見る作業をやめ、ストレッチがメインのヨガを軽く行ってベッドに入ります。手作りのラベンダーのピロースプレーを枕に吹きかけ、バリのホテルをイメージして自分でコーディネートした大好きなベッドでハッピー安眠タイムを楽しみます♪



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください